利用規約

「セキュアショット」利用規約

 

1.(適用)

本規約は、販売代理店がケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社の本サービス利用権を顧客に提供するにあたり、基本的な事項を定めるものとします。

2.(定義)

この規約において以下の文言の定義は、以下のとおりとします。

①「提供者」とは、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社をいいます。

②「顧客」とは、提供者が直接または販売店を通じて提供者と本利用契約を締結し、本利用契約期間中の本サービスの利用を許諾された当事者をいいます。

③「ユーザー」とは、顧客の役員、従業員、契約社員、派遣社員、アルバイトをいうものとし、顧客が、提供者から許諾された権限に基づき、本利用契約に従って本サービスを利用させる者をいいます。

④「無償利用ユーザー」とは、顧客になろうとする者が、無償利用申し込みを行った上で、提供者から許諾された権限に基づき、本サービスを利用させる者をいいます。

⑤「販売代理店」とは、提供者によって本サービスの販売を委託された者をいいます。

⑥「本サービス」とは、提供者が顧客およびユーザーに提供する「セキュアショット」のサービスをいいます。

⑦「本規約」とは、この利用規約をいいます。

⑧「本規約等」とは、本規約のほか、これに関連する一切の規約、価格表等の一切の記載および定めをいいます。

⑨「本利用契約」とは、提供者と顧客との間の本サービスの有償利用契約およびこれに付随・関連する一切の契約をいい、本規約等もその一体をなすものとします。

⑩「写真データ」とは、提供者が提供するアプリケーション「セキュショット」を用いてユーザーが撮影し、ユーザーがあらかじめ指定した電子メールアドレスに送信するものをいいます。

 3.(無償利用)

3.1 (申込方法)

顧客になろうとする者は、本利用契約の締結に先立ち販売代理店所定の方法により、本規約等を承諾した上で、 販売代理店に対し、無償で本サービスの利用を申し込むことができます。

3.2 (利用方法)

販売代理店は顧客になろうとする者から本サービスの申込を受けた場合、審査の上、提供者が定める本サービスの 利用が可能になるユーザーIDを申込者に配布します。

3.3 (期間)

無償利用期間は、提供者が定める期間とし、期間満了までに本利用契約が成立しない限り、期間満了をもって本サービスの利用は終了します。

3.4 (免責)

3.4.1 無償利用について、本規約 11(保証の否認および免責)および 12(損害賠償)に定める提供者および販売代理店の責任はすべて免除されるものとします。

3.4.2 無償利用について、提供者および販売代理店は無償利用ユーザーのデータを保護する義務を負わず、データに関して一切の責任を負わないものとします。

3.4.3 提供者および販売代理店は、いつでも任意に無償利用期間における本サービスの提供を中止または廃止できるものとし、それに伴う無償利用ユーザーの損害・損失等について一切の責任を負わないものとします。

3.5 (準用)

3.5.1. 無償利用ユーザーには、本規約等と矛盾・抵触しない限り、本規約等の「顧客」に関する定めを準用します。

3.5.2. 無償利用ユーザーがその権限に基づき本サービスを利用させる者については、本規約等と矛盾・抵触しない限り、本規約等の「ユーザー」に関する定めを準用します。

 4.(有償利用)

4.1 (内容)

4.1.1. 販売代理店は、顧客に対し、本利用契約期間中に有償により契約した利用端末数において本サービスを利用する非独占的権利を許諾します。

4.1.2. 顧客は、自らの業務を遂行する目的に限って、本サービスを当該業務の委託先である第三者に利用させることができるものとします。

4.1.3. 提供者は、本利用契約期間中、提供者の裁量により、随時、本サービスのアップグレードを行います。

4.2 (申込方法)

4.2.1. 本利用契約は、提供者が顧客になろうとする者に提示する見積書にもとづき、顧客になろうとする者が注文書を販売代理店に提出し、販売代理店が注文書を受領することにより成立するものとします。

4.2.2. 顧客は、利用中、利用端末数の追加をする場合には、販売代理店にその旨通知し、販売代理店が顧客に提示した見積書にもとづき、販売代理店に注文書を提出して行うものとし、販売代理店が注文書を受領することにより利用端末の追加契約が成立するものとします。

4.2.3. 前項により、利用端末の追加契約が成立した場合には、当該追加契約は追加の元となる本利用契約に吸収され、本利用契約の各種条件が適用されるものとします。

4.3 (利用方法)

4.3.1. 提供者は、契約した利用端末数分の利用が可能であるユーザーIDを発行し、販売代理店を通じて顧客に通知します。

4.3.2. ユーザーは、発行されたユーザーIDを用いることで、契約時に定めた利用端末数を上限として本サービスを利用することができます。

 

5.(利用条件等)

5.1 (承諾事項)

顧客およびユーザーは以下の各号を予め承諾の上、本サービスを利用するものとします。

①本サービスにおいて、提供者および販売代理店は、ユーザーが撮影した写真データを、一切保管・保持しないこと。そのため、ユーザーの電子メールサーバーに十分な容量がない場合、ユーザーの指定した送信先電子メールアドレスが無効になっている場合、ユーザーの設定している受信可能データサイズを超えた場合、ユーザーの指定した電子メールアドレスのメールサーバーがダウンしている場合等にはユーザーの指定する電子メールアドレスにメールが届かず、当該写真データが消滅すること

②提供者による本サービスを提供するために必要な範囲内での顧客およびユーザーに関する情報の保管、利用および提供者の関連会社・委託先への提供

③提供者による本サービスの修正、変更、アップグレード、または旧バージョンの利用停止

④提供者および販売代理店による利用端末数その他利用状況の監視

⑤メンテナンス等による計画的停止または不可抗力による稼働停止にもとづく、本サービスの提供停止および停止期間中の料金の不返還

⑥顧客およびユーザーによる、本規約 5(利用条件等)に対する違反認識時の提供者に対する速やかな通知

5.2 (利用条件)

顧客およびユーザーは、以下の各号の利用条件を遵守して、本サービスを利用するものとします。

①本サービスを稼動するコンピュータ・デバイスは、メーカーによる指定または推奨の条件・状況で利用すること

②提供者が指定または推奨するOSその他の仕様・条件で利用すること

③提供者以外の者が本サービスの変更・保守をしないこと

④提供者が提供するアップグレード版を可能な限り利用し最新の状態を保つこと

⑤顧客およびユーザーからの問合せは日本語で行うこと

⑥顧客およびユーザーから契約に対する問い合わせは、販売代理店に規定の通知方法によって行うこと

⑦本サービスの提供に関して販売代理店は、顧客およびユーザーから事前の承諾を受けることなく、提供者に顧客の秘密情報を開示できること

5.3 (遵守事項)

顧客およびユーザーは、前項の利用条件のほか、以下の各号の事項を遵守して、本サービスを利用するものとします。

①関連法令を遵守すること(データの取得方法・内容の適法性を含む)

②本利用契約等の一切の定めを遵守すること

③本サービスに含まれ、または連携する第三者ソフトのライセンス条項、利用条件等を遵守すること

5.4 (禁止事項)

顧客およびユーザーは、以下の各号の事項を行ってはならないものとします。

①本サービス(旧バージョンを含む)の複製、改変、翻訳、派生物生成

②違法目的利用、違法データの送受信

③迷惑行為および違法行為

④悪質なコードの保存・送信

⑤不正アクセス・不正利用

⑥著作権・商標・ロゴ等の表示の削除・変更

⑦本サービス(旧バージョンを含む)またはその複製版・改変版・派生版の譲渡・利用許諾・貸与等

⑧暗号化解除、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、ソースコード引出し等

⑨その他の不正行為

 

6.(顧客の責任)

6.1. 顧客およびユーザーは、撮影した写真データを添付した電子メールを受信できる環境を常に保持するものとします。

6.2. 顧客およびユーザーは、ユーザーIDを秘密情報として厳格に保持するものとします。

6.3. 顧客は注文書に記載の顧客情報(会社名、住所、担当者名、担当者電話番号・電子メールアドレス、利用端末数等)が変更になる場合には、変更前に提供者に通知することとします。

6.4. 顧客が本規約4.1.2に基づき委託先である第三者に本サービスを利用させる場合、顧客が、当該第三者の利用の実態を管理する責任を負うものとし、顧客は当該第三者による不正利用等の行為により販売代理店または提供者に損害が生じた場合にはその一切を補償するものとします。

 7.(料金と支払)

7.1 (料金)

7.1.1. 本サービスの料金は一端末あたり年間¥3,600(税抜き)とします。ただし、顧客と販売代理店の間で書面にて別段の合意をした場合は、その内容が優先されるものとします。

7.1.2. 本サービスの課金は契約月(本契約締結に関する注文書を販売代理店が受領した日の属する月を言う)の翌月から発生するものとします。

7.1.3. 料金は、本サービスを実際に使用したか否かにかかわらず課金されるものとし、キャンセル、中途解約またはユーザー数減少の場合でも、一切の減額および払戻は致しません。

7.1.4. 顧客が、利用端末数を本サービス利用期間中に追加する場合には、追加月(利用端末数の追加に関する注文書を提供者が受領した日の属する月を言う)の翌月から月単位(一端末あたり月額¥300(税抜き))で追加課金されます。

7.2 (支払方法)

7.2.1.顧客は、契約期間の料金を一括払いするものとし、契約月の翌々月末までに支払うものとします。ただし、顧客と販売代理店の間で支払時期について書面にて別段の合意をした場合は、その内容が優先されるものとします。

7.2.2. 料金は、販売代理店が指定する銀行口座へ振込むことで支払うものとします。振込手数料は顧客の負担とします。

7.3 (支払遅延)

顧客が前項の料金の支払いを怠った場合には、顧客およびユーザーに何らの催告・通知をすることなく、直ちに以下の各号の効果が発生するものとします。

①提供者がユーザーIDの使用を直ちに停止できること

②年利 14.6%の遅延損害金が発生すること

 8.(知的財産権)

8.1. 本サービス(本サービスに含まれるソフトウェア、マニュアル、ロゴ等の一切を含む)に関連する一切の著作権、特許権、商標権その他の知的財産権および営業秘密はすべて提供者に帰属し、顧客およびユーザーには帰属しません。

8.2. 本サービスに関する商標・ロゴについては、顧客およびユーザーは使用する権利の許諾はされておりません。

8.3. セキュアショットアプリにおいて、ユーザーが送信した画像・宛先・件名などの情報(以下「ユーザーコンテンツ」といいます)に関する著作権はユーザー自身に留保されるものとし、提供者および販売代理店は当該ユーザーコンテンツに関する著作権を取得することはありません。また、提供者および販売代理店が当該ユーザーコンテンツを閲覧することはありません。

 9.(第三者の権利)

9.1 (第三者の権利の侵害)

9.1.1. 顧客およびユーザーは、本サービスが第三者の権利を侵害しまたはそのおそれがあることを認識した場合には、直ちに提供者にその旨を通知するものとします。

9.1.2. 本サービスが第三者の権利を侵害すると提供者が認めた場合には、提供者はその裁量により、本サービスの修正、第三者の権利のライセンス取得または販売代理店との契約解除のいずれかをとることができるものとします。また、提供者が販売代理店と契約解除する場合、販売代理店は顧客と契約解除できるものとします。

9.2 (第三者による侵害)

顧客またはユーザーは、本サービスに対する第三者からの侵害または侵害のおそれがあることを認識した場合には、直ちに販売代理店にその旨を通知するものとします。

 10.(秘密保持)

10.1 (秘密情報の定義)

10.1.1. 本規約において「秘密情報」とは、次の各号に定める情報(複写、複製したものを含む)をいいます。

①販売代理店と顧客との取引の内容・条件およびこれに付随または関連する情報

②販売代理店、顧客またはユーザーが相手方に開示する個人情報(個人情報保護法が規定する個人情報をいう)

③販売代理店および顧客の営業秘密(不正競争防止法の規定する営業秘密をいう)

④前各号のほか、販売代理店または顧客が相手方に対して秘密である旨を表示または告知して開示した情報

10.1.2. 次の各号のいずれかに該当することを秘密情報の提供を受けた当事者が立証した情報は秘密情報に含まれないものとします。

①開示者から開示を受ける前に、保有していた情報

②開示者から開示を受ける前に、公知となっていた情報

③開示者から開示を受けた後に、被開示者の責に帰すことができない事由により公知となった情報

④被開示者が第三者から機密保持義務を負うことなく正当に入手した情報

10.2 (秘密保持義務)

10.2.1. 秘密情報の提供を受けた当事者は、秘密保持上の事故が生じないよう、当該秘密情報の管理に必要な措置を講ずるものとし、第三者に開示してはならないものとします。

10.2.2. 法令、規則、裁判所の決定・命令、行政庁の命令・指示等により秘密情報の開示を要求された場合、法令の定めにもとづき開示すべき情報について、当該法令の定めにもとづく開示先に対し開示することができるものとします。

 

11.(保証の否認および免責)

11.1. 提供者および販売代理店は、本サービスが顧客またはユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、顧客またはユーザーに適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、なんら保証するものではありません。

11.2. 提供者および販売代理店は、提供者による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能または変更、登録ユーザーが本サービスに送信した画像または情報の削除または消失、ユーザーの登録の抹消、本サービスの利用による登録データの消失または機器の故障もしくは損傷、その他本サービスに関して登録ユーザーが被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

 12.(損害賠償)

12.1 本サービスまたは本利用契約に関して、顧客ならびにユーザーが何らかの損害を被った場合、顧客ならびにユーザーは販売代理店に対して当該損害の賠償を請求するものとし、提供者に一切の請求を行わないものとします。

12.2 販売代理店および顧客ならびにユーザーは自己の責に帰すべき事由により、相手方に損害を与えた場合、本利用契約の解除の有無に関わらず賠償責任を負うものとします。但し、提供者、販売代理店が負う損害賠償の上限額は本利用契約上の年額料金を超えないものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益に係る損害については、賠償する責任を負わないものとします。

13.(契約期間と更新)

13.1 (契約期間)

本利用契約の有効期間は、契約締結日から開始し、契約月の翌月1日より1年が経過するまでとします。

13.2 (更新)

契約期間満了月の前月末日までに、提供者所定の解約通知書が提供者に到達しない場合には、契約期間は1年間、同一条件にて契約は自動更新されるものとし、以後も同様とします。

 14.(解除および解約)

14.1 (顧客の解約)

14.1.1. 顧客は、契約期間中といえども、本利用契約を中途解約することができます。この場合、契約期間満了月の前月末日までに所定の解約通知書が提供者に到達した場合には、解約通知書に記載の解約日をもって解約の効力が発生するものとします。

14.1.2. 前項の解約については、いかなる理由があっても、顧客は残存期間の料金支払義務を免れず、販売代理店は残存期間の料金を返還しません。

14.2 (販売代理店の解約)

14.2.1. 販売代理店は、契約期間中といえども、顧客に対し30日前に書面により通知することにより、本利用契約を解約することができます。

14.2.2. 前項の場合、販売代理店は顧客に対し、残存期間の料金の返還以外に、一切の損害・損失・費用等を負担する義務を負わないものとします。

14.3 (解除および期限の利益の喪失)

顧客に次の各号のいずれかに該当する事由が生じたときは、顧客は販売代理店に対する全ての債務について、販売代理店の通知・催告なくして直ちに期限の利益を喪失し、残債務全てを一括して相手方に履行するものとします。また、販売代理店は、顧客に次の各号のいずれかに該当する事由が生じたときは、何らの催告なくして、直ちに本利用契約の全部または一部を解除することができるものとします。この場合、顧客は販売代理店の顧客に対する損害賠償の請求を妨げられないものとします。

①本利用契約に違反したとき

②顧客またはユーザーに法令違反があったとき

③本規約 17.3(反社会的勢力の排除)に違反したとき

④重大な信頼関係毀損行為を行ったとき

 15.(終了時の措置)

販売代理店と顧客との間の本利用契約が終了した場合は、販売代理店は提供者に依頼し、ユーザーIDの利用を停止します。顧客およびユーザーはこれに対して何らの異議を述べることができないものとします。

 

16.(本サービスの停止)

16.1 販売代理店は次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部または一部を廃止することができるものとします。

①廃止日の30日前までに、販売代理店から顧客に通知したとき

②天災地変等不可抗力により本サービスが提供できないとき

16.2 前項に基づき、本サービスの全部または一部を廃止する場合、販売代理店は、既に支払われているサービス料金のうち、廃止する本サービスについて提供しない日数に対応する金額を日割計算(暦月による)にて顧客に返還するものとします。

17.(一般条項)

17.1 (不可抗力)

提供者および販売代理店は、天災地変、火災、労働争議、ストライキ、ロックアウト、戦争、戦闘、市民騒擾、テロ、伝染病、政府の規制・命令、電力・通信システムの障害、ハードウェアまたはソフトウェアの故障・障害、サービスへの攻撃、その他不可抗力によって顧客およびユーザーに本サービスを提供できない場合には、その責任を負わないものとします。

17.2 (権利の譲渡等)

17.2.1 顧客は、提供者および販売代理店の事前の文書による承諾なくして、本利用契約上の権利義務を第三者に譲渡、担保提供、貸与その他処分し、または引き受けさせてはならないものとします。

17.2.2 提供者は、本サービスの一部を第三者に再委託できるものとします。

17.3 (反社会的勢力の排除)

販売代理店、顧客およびユーザーは以下の各号について表明し、保証するものとします。

①自ら、自らの親会社および自らの子会社ならびに役員が、現在および将来にわたって、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者(以下、「反社会的勢力」といいます)のいずれにも該当しないこと

②反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本サービスを利用させるものでないこと

③本サービスの利用期間中および料金全額の支払いのいずれもが終了するまでの間に、自らまたは第三者を利用して、次の行為をしないこと

ア 提供者、販売代理店に対する脅迫的な言動または暴力を用いる行為

イ 偽計または威力を用いて提供者および販売代理店の業務を妨害し、または信用を毀損する行為

17.4 (完全合意)

本規約は、当事者間のあらゆる合意に優先して適用されるものとします。

17.5 (改訂)

提供者および販売代理店は、本規約等の内容をいつでも改訂できるものとし、販売代理店が顧客およびユーザーに通知した時点で顧客およびユーザーに対して効力を生ずるものとします。

17.6 (可分性)

本利用契約の条項のいずれかが違法または無効となる場合においても、その他の条項は効力を存続するものとします。

17.7 (通知)

顧客およびユーザーから販売代理店への通知は、電子メール、販売代理店の本社住所への書留郵便をもって行います。販売代理店から顧客およびユーザーへの通知は、電子メールまたは販売代理店の本社住所への書留郵便をもって行います。多数の顧客およびユーザーへの通知は、販売代理店のウェブサイトへの掲示をもって代替することができます。

17.8 (存続条項)

本利用契約等が解除・利用期間終了その他の理由の如何を問わず終了した後といえども、本規約 5 (利用条件等)、6(顧客の責任)、7(料金と支払)、8(知的財産権)、9(第三者の権利)、10(秘密保持)、11(保証の否認および免責)、12(損害賠償)、15(終了時の措置)、17(一般条項)は有効に存続します。

17.9 (裁判管轄)

本利用契約に関し紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

17.10 (準拠法)

本規約は日本法に準拠するものとします。

Page Top