盗難・紛失にあったスマートデバイスの不正利用リスクを無視してはいけません

警視庁の『遺失物取扱状況(平成28年中)』によれば、携帯電話類の遺失届点数は、年間で250,967点と、遺失品目順位の6番目に多いです。遺失届点数に対して、携帯電話類の拾得届点数がわずか153,902点にとどまっており、紛失した携帯電話の4割が戻ってこないとの実態が明らかになっています。
出典:『遺失物取扱状況(平成28年中)』

スマートデバイスなら、パスワードがかかっているので不正利用されないのでは、と思われる方が多いかもしれません。iPhoneの場合、パスワードを10回以上間違えると、デバイスのデータが完全に削除されますが、お誕生日、携帯番号の最後の4桁をパスワードに設定してしまうと、デバイスを拾った人が10回以内にロックを解除するのが十分に可能です。スマートデバイス、お財布が入ったカバンをなくした場合、ロックが成功に解除されてしまうリスクがさらに高まります。全国の消費生活センターには携帯電話の紛失・盗難に関する相談が複数寄せられている。2013年度、その件数が増加し、通年367件で、前年に比べて80件増えました。相談事例の中に、なくした携帯電話が不正利用され、高額な料金が請求されたケースもあります。
出典:『なくしてからでは遅い!携帯電話の紛失・盗難に備えて 「不正利用されて高額請求」、「データの流出が心配」等の相談が増加!』

近年、社員にiPhone、iPadなどのスマートデバイスを配られる企業が増え、試作中商品の写真や商談メモが端末に残ったまま紛失される事故が、重大なセキュリティリスクに繋がりかねません。

セキュアショットは、写真を送ったらすぐにキャッシュを自動消去し、送った写真は端末に残さないので、スマートデバイスの紛失により、自社の機密情報が含まれる写真が流出するリスクは一切ございません。ぜひセキュアショットサービスの導入をご検討ください。

日本ユニシスグループ主催のイベント「BITS2017」に出展しました

6/8(木)、6/9(金)にANAインターコンチネンタルホテル東京で開催された、日本ユニシスグループ主催のイベント「BITS2017」に出展いたしました。

セキュアショットは、”Work Style Innovation”(働き方改革)の展示ゾーンに出展いたしました。
「カスタマーサポートで返品、製品の撮影と転送に手間がかかる」、「スマホで写真を撮影してまとめてPDF形式で送信できてよかった」、「協業開発で普通に製品の写真をiPhoneなどで撮っている」など、多くのご来場者よりセキュアショットサービスの利用にご興味を示していただき、誠にありがとうございました。
安全安心に秘密情報を転送するだけでなく、さまざまなシーンにおいてワークスタイル変革に繋げるソリューションとしても、セキュアショットにぜひご注目下さい。

まずは、Webサイトよりお気軽に無料トライアルをお申込みください。

会議の板書撮影で議事録要らずに

セキュアショットで板書の写真を撮影し、関係者に共有すれば、議事録を作成する手間もなくなります。
会議の内容を思い出すには、議事録を読み返すよりも、ホワイトボードに走り書きした図などの写真を見返す方が効果的だったりします。

しかし、会議の板書には自社やお客様の重要な情報が記載されていることも多く、板書の写真を端末内に残したままにするのは危険です。
そこで、セキュアショットを使えば、板書の撮影から関係者への共有までを、情報漏洩リスクゼロでスムーズに行えます。

 

実は、弊社内でも会議でセキュアショットを活用しています。

弊社は、業務改革や基幹システム刷新、戦略策定などをご支援するコンサルティング・ファームなのですが、会議を効率的に進めるための工夫※の一つとして、フリップチャートという大きい画用紙を壁に貼り、会議の板書をとっています。
会議の目的やタイムスケジュールを貼り出すことで本来の論点への集中を促し、また、参加者から挙がった多くの情報を構造化して整理したり、意見の対立を見える化することで、議論の錯綜を防いでいるのですが、それによって大量に生まれる板書を簡単に送信できるため、頻繁に利用されています。

会議の効率化や、働き方改革のソリューションとしても、セキュアショットをぜひご活用下さい。
無料トライアル申込はこちら(https://www.cservice.jp/c/CambridgeTechnologyPartners/register.php?id=9a5e3ba22d

 

※会議を効率的に進めるための工夫に興味をお持ちの方は、ぜひ弊社の著書「世界で一番やさしい会議の教科書」を手に取ってみてください。弊社のノウハウを隠すことなく、具体的なエピソードを交えて記述しています。
①Amazonサイト:https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E4%B8%80%E7%95%AA%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%84%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E6%A6%8A%E5%B7%BB-%E4%BA%AE/dp/4822271781
②オフィシャルブログ:http://ctp-book2.hatenablog.com/

動作環境

・iOS8.0以上/Android4.0以上のOSでのご利用を推奨しております。

・世界中の政府機関や金融機関で広く利用されている、Amazon Web Servicesを採用しております。

・サーバーを冗長化し、負荷分散を設定しているため、いつでも安心してサービスをご利用頂けます。

・サーバーのセキュリティは、第三者のアプリ脆弱性診断によって確認しています。

 

 

リモートワイプの5つの問題点

スマートデバイスを業務利用する上で、端末紛失による情報漏洩を防ぐ仕組み作りが重要となります。
多くの企業では、MDMを導入し、紛失した端末内のデータを遠隔削除(リモートワイプ)する運用をしていますが、「リモートワイプの成功率は僅か7%」というデータが示すように、リモートワイプには様々な問題点があります

 

  1. 端末を紛失してからリモートワイプを実行するまでに時間がかかる

    ・紛失に気付くのが遅れたり、夜間や週末に紛失して情報システム部門に報告するまでに時間がかかってしまうと、その間に端末内の情報を盗まれるリスクがあります。

  2. リモートワイプに失敗する可能性がある

    ・端末は、通信可能な状態でなければリモートワイプのコマンドを受信できないため、以下のケースではリモートワイプ実行に失敗してしまいます。

    (1)端末の電源が入っていない場合

    ・①のように、リモートワイプ実行までにタイムラグが発生すると、特に、バッテリーの消耗が早いスマートフォンは電池切れになっている可能性があります。

    (2)端末が通信圏外になっている場合

    ・地下など電波の悪い場所で紛失したり、拾った人が端末を機内モードに設定したら、コマンドを受信できなくなります。また、電車内や駅構内に置き忘れると、貴重品として金庫内で保管される場合が多く、通信不能になってしまいます。

    ・その他、無線LAN機能のみのタブレットとモバイルルーターを併用していて、タブレットのみを紛失した場合も同様です。

  3. リモートワイプに成功したかの確認が困難

    ・一部のMDM製品では、リモートワイプ実行後に「データを消去しました」といったメッセージが表示されますが、紛失した端末を見つけ出さない限り、本当にデータが消えたかを確認できません。

  4. リモートワイプでは削除できないデータがある

    ・ スマートデバイスの保存用メモリー領域は、OSなどのファイルが保存されているシステム領域、ユーザーが利用しアプリなどを保存できるユーザー領域、そしてSDカードなどの外部保存領域の3種類があり、リモートワイプでデータ削除できるのはシステム領域のみです。そのため、SDカード内のデータはもちろん、アプリ内に保存されたデータも、専用の解析装置を使えば読み取れてしまいます。

    ・iOSやAndroid4.0以降では、メモリー内のデータを暗号化しているため、解析されるリスクを解消していますが、その他のOSの場合は注意が必要です。

  5. ユーザー側の操作でMDM管理下から外れられる

    ・ MDMシステムは、端末を管理するサーバーと、端末上で動作するエージェントアプリで構成されますが、後者をアンインストールされると、端末がMDMシステムの管理下から外れ、情報システム部門がリモートワイプを実行できなくなってしまいます。

    ・一部のMDM製品では、アンインストールを制御する機能を搭載していますが、製品によってその機能も異なるため、確認が必要です。

 

リモートワイプにはこれらの課題が存在するため、スマートデバイスのセキュリティ対策として、MDM導入だけでは不十分です。

特に、リモートワイプでは削除できないアプリ内データの流出を防ぐためには、キャッシュを自動消去する機能か、データを常に暗号化する機能が付いたアプリの利用に限定する必要があります。
セキュアショットは、写真を送ったらすぐにキャッシュを自動消去し、一度送った写真は端末であとから見返せない仕組みのため、自社の機密情報やお客様のプライベートな情報が含まれる写真が流出するリスクは一切ございません。

ぜひ、自社のスマートデバイスの情報漏洩対策を再点検し、写真流出に不安が残るようでしたら、セキュアショット導入をご検討下さい。

【画像の引用元、参考資料】
http://www.thecloudsecurity.jp/securitytop/securitydiv/%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%97%E3%81%AE3%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%82%B9
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20130206/454553/?ST=act-mobile&P=1

日本ユニシスグループ主催のイベント(6/8~9)に出展します

6/8(木)~6/9(金)にANAインターコンチネンタルホテル東京で開催される、日本ユニシスグループ主催のイベント「BITS2017」に出展します。

日本ユニシスグループが持つ、AI、IoT、ビッグデータ、ロボティックスをはじめとする最先端のICTソリューションをご紹介するほか、有識者をお招きして様々なパネルディスカッションを開催します。

セキュアショットは、”Work Style Innovation”(働き方改革)の展示ゾーンに出展します。以下のページより、事前申込を受け付けております。http://bits.unisys.co.jp/2017/

 

 

セキュアショットは、スマートデバイスに写真を残さずに、予め登録したメールアドレス宛に画像データを送信できる格安アプリで、スマホカメラを安全に業務利用できるようにするセキュリティサービスです。

現場報告や契約書の撮影、会議の板書の共有など、写真を業務利用するシーンは数多く存在しますが、スマホカメラで写真を撮影すると、端末紛失による写真流出のリスクが生じます。
それに対して多くの企業では、スマホカメラの利用を禁止するか、紛失した端末にMDM(モバイル・デバイス・マネジメント)でリモートワイプをかける運用を取っています。
しかし、リモートワイプは端末が通信可能な状態でなければ利用できず、その成功率は僅か7%というデータもございます。

 

セキュアショットなら、端末に写真を保存せずにすぐに送信できるため、スマホカメラを情報漏洩リスクゼロで業務活用いただけます。

弊社内でも、自社やお客様の機密情報が含まれる会議の板書を安全に共有するために、セキュアショットを利用しています。会議の議事録や紙の利用をなくし、ワークスタイル変革に繋げるソリューションとしても、セキュアショットにぜひご注目下さい。

駅と空港の設備機器展(4/19~21)に出展しました

2017年4月19日から21日にかけて、幕張メッセで開催された「駅と空港の設備機器展」に出展いたしました。


「工事現場の撮影や図面の共有に使いたい」「事故状況を速やかに報告するのに便利」「撮影した位置情報も送れるので、点検やメンテナンス等の作業報告に使える」「アプリの画面や操作が分かりやすく、すぐに写真を送れて端末の容量を食わないので、単にカメラアプリとしても便利」「今はスマホカメラ使用を禁止しているが、スマホに画像データを保存せずに転送できるセキュアショットを使えば、端末紛失などによる情報漏洩対策になる」「安い、サーバー費がかからないのも嬉しい」など、来場者の皆様からたくさんのご好評をいただき、おかげさまで出展ブースは大盛況でした。

今回、多くのご来場者とお話しする中で、「スマホカメラを業務で活用したい」「写真を手軽に送信したい」というニーズが高まっていることを感じました。

セキュアショットは、絶対に写真流出しないセキュリティだけでなく、導入・操作や価格の手軽さにもご好評いただいています。

スマートデバイスの活用・業務効率化のため、スマホに写真を保存せずに予め指定したメールアドレスに送信できる、業務報告にも使えるセキュリティアプリ「セキュアショット」の導入をぜひご検討ください。

まずは、Webサイトよりお気軽に無料トライアルをお申込みください。

駅と空港の設備機器展(4/19~21)に出展します

4/19(水)~4/21(金)に幕張メッセで開催される「駅と空港の設備機器展2017」に出展します。
http://www.jma.or.jp/TF/ja/sat/ja/

セキュアショットは、スマートデバイスに写真を残さずに、予め登録したメールアドレス宛に画像データを送信できる格安アプリで、スマホカメラを安全に業務利用できるようにするセキュリティサービスです。

駅や空港ターミナル、線路・道路・トンネル等での現場報告(作業、点検、事故対応など)や、車両の開発・製造・点検・修理・メンテナンス作業の報告を、セキュアかつ効率的に行うために、ぜひセキュアショット導入をご検討ください。

当日は、日本ユニシスのブース(ブース番号:7D-14)にて、プレゼンやデモの実施、リーフレット・無料トライアルの配布を行います。

多くの方のご来場を心よりお待ちしております。

Japan IT Week関西2017(2/15~17)に出展しました

2017年2月15日から17日にかけて、インテックス大阪で開催されたJapan IT Week関西の「モバイル活用展」に出展いたしました。



 
「今は法人携帯のカメラ使用を禁止しているが、スマホに画像データを保存せずに転送できるセキュアショットを使えば、端末紛失などによる情報漏洩対策になる」「板書の共有や、工事現場の撮影・報告業務に使いたい」「アプリの画面や操作が分かりやすくて良い」など、来場者の皆様からたくさんのご好評をいただき、おかげさまで出展ブースは大盛況でした。

 

近年、多くの企業でスマートデバイスの業務利用が広まる一方で、デバイス管理や情報流出リスクへの対処への関心が高まっていると感じています。

スマートデバイスのセキュリティ対策として、EMM(エンタープライズデバイスマネジメント)・MDM(モバイルデバイスマネジメント)やリモートワイプが一般的ですが、これらの仕組みは端末に電波が入っていないと利用できないため、端末に個人情報や会社の秘情報を保存するのは危険です。

 

スマートデバイスの活用・業務効率化のため、スマホに写真を保存せず、予め指定したメールアドレスに送信できるセキュリティアプリ「セキュアショット」の導入をぜひご検討ください。

まずは、Webサイトよりお気軽に無料トライアルをお申込みください。